ケーキについての情報を多数ご紹介!

Many Dolce

カロリーが気になる方へ、手作りケーキのススメ

ケーキが大好きで、日常から切り離すことが出来ない!でもちょっとカロリーは気になる・・・と言う方は多いと思います。
ケーキの魅力は、その材料から生まれます。
小麦粉、砂糖の糖質の魅力、バター、生クリームなどの脂質の魅力、そこへフルーツの酸味が合わさり、味覚的にはパーフェクトになります。
食感も工夫されています。
ふわふわの生地にトロッとしたクリーム、ナッツやチョコレートのカリ、パリ、と言うアクセントが入ったりして、全く手放すことが出来ません。
市販のケーキは、最高のおいしさを求めて作られています。
おいしさを求めればおのずと、カロリーは高いものです。
ケーキを食べるのが習慣化してしまっている方には、手作りをおすすめします。
どれほどの材料を使い、どれだけ贅沢な品に仕上がっているか、作れば身にしみてわかるでしょう。
また、おからや米粉、大豆粉などのヘルシーな材料を使う手作りレシピも公開されています。
参考にしてカロリー控えめに作ることもできます。

ケーキのカロリーに要注意

 最近は質の良いコンビニスイーツが充実してきて、わざわざお店に行かずとも、安価でケーキが食べられる時代となりました。
 しかし、安いからおいしいからといって、毎日バクバク食べるわけにもいきません。
糖尿病の危険性を考慮しなければなりませんし、何よりカロリーが気になります。
甘いものが食べたい、でも太りたくないという多くの女性にとっては死活問題でしょう。
 例えばショートケーキは、食品成分表によると、100gあたりで344kcalです。
レシピの違いなどはありますが、売られているものは大体1ピースあたり344kcalと考えて構いません。
ちなみに米は168kcalですから、実にご飯2杯分ものエネルギーがあるということになります。
1ピース平らげただけで、ご飯をおかわりしたことになるのです。
 ミルフィーユはもっと恐ろしいです。
何と100gあたりで510kcalもあります。
人によりますが、1個で1食あたりのカロリーがまかなえてしまうレベルです。
 こう聞くと、ケーキを食べるために食事を減らす人が出てきそうですが、一番いけないことです。
栄養分をしっかり必要量補給しないと、体の働きが低下し、疲れやすくなったり病気にかかりやすくなります。
1ピースを2日に分けて食べたり、適度な運動をして脂肪を燃焼させるといった心がけをすることで、ケーキのカロリーなどあっという間に消えてしまうことでしょう。
 

check

Last update:2018/11/8

COPYRIGHT(C) 2015 Many Dolce. ALL RIGHT RESERVED